プテラノドン

リリース バージョン: ジュラシック・パークに戻る

分類

食習慣魚食恐竜
生息地空中
時代白亜紀後期
プテラノドン科
プテラノドン
バイオグループ小型肉食恐竜

サイズ

体高 (m)2
全長 (m)3
体重 (kg)55

評価

基本アピール65
アピール (1MMあたり)152.9
アピール (ヘクタールあたり)130.0
基本アピールアピール (1MMあたり)アピール (ヘクタールあたり)
プテラノドン
中央値

データ

寿命41 - 70
回復力84
攻撃力0
防御力0
医療ダーツ耐性60
鎮静剤耐性60
毒耐性155

必要な環境

心地よさの閾値80%
草原 (m2)1480074%
森林 (m2)520026%

共生の嗜好

社会集団2 - 6
理想的な個体数0 - 20

解除条件

以下の発掘地のいずれかで化石を獲得することで解除:

発掘地化石の品質化石の数量場所期間コスト
スモーキー ヒル チョーク12北アメリカ | アメリカ | カンザス02:00$75,000
25
33
ピエール頁岩34北アメリカ | アメリカ | モンタナ02:00$60,000
11
25

孵化

期間03:00 - 03:20
コスト425,000

病気

免疫ありなし
免疫なしなし

説明

プテラノドンは白亜紀後期の翼竜属で、恐竜ではないものの、恐竜と同じ爬虫類群に分類される。名前はギリシャ語で "翼があり歯がないもの" の意である。翼開長は7メートル以上で、飛翔を可能とするために極めて軽量かつデリケートな体格であった。プテラノドンはおそらく沿岸に住む動物で、捕食者の脅威の及ばない沖合で寝起きしていたと思われる。化石から、顎には歯がなく、現代のペリカンのように魚を蓄える袋が付いていたことが分かる。また、頭部には水面上を滑空する際にカウンターバランスとして機能するトサカがあったことが見て取れる。

発見物

最初のプテラノドンの化石は、欧州以外では初の翼竜として、アメリカ人古生物学者オスニエル・チャールズ・マーシュがカンザスで発見した。化石は1870年から1872年に渡り、プレシオサウルスやモササウルス等の海棲爬虫類と共に頭蓋骨、翼、指の骨が発掘された。マーシュはこの新種を、その "長い頭" を意味するプテラノドン・ロンギケプスと名付けた。

古生物学

プテラノドンの化石が発見されたエリアは、北米大陸を二つに分断していた西部内陸海路であった。これはプテラノドンが沿岸部に生息し、魚を捕食していたことを意味するが、この化石のデリケートさを考えると、これらの堆積岩の層でしか生存できなかったと思われる。当時、プテラノドン・ロンギケプスはありふれた種であり、ニクトサウルスやイクチオルニスと共に空を舞っていた。

他ゲームでの登場

ジュラシック・ワールド・アライブ
プテラノドン

プテラノドン

ジュラシック・ワールド・エボリューション2
プテラノドン

プテラノドン

ジュラシック・ワールド・ゲーム
プテラノドン

プテラノドン

ジュラシック・ワールド・ゲーム
プテラノドン(第二世代)

プテラノドン(第二世代)

ジュラシック・ワールド・プライマル・オプス
プテラノドン

プテラノドン

Paleo.GG

Paleo.GGは、©Universal City Studios LLC、Amblin Entertainment Inc、©Ludia Inc、© Frontier Developments PLC、© Behaviour Interactive Incなどのゲームの著作権所有者と提携または承認されていません。

アプリのロゴ作成者 Smashicons.