ドリオサウルス

ドリオサウルス
リリース バージョン: 草食恐竜パック

分類

食習慣草食恐竜
生息地陸上
時代ジュラ紀後期
ドリオサウルス科
ドリオサウルス
バイオグループ小型草食恐竜

サイズ

体高 (m)1
全長 (m)3
体重 (kg)80

評価

基本アピール4
アピール (1MMあたり)160.0
アピール (ヘクタールあたり)34.1
基本アピールアピール (1MMあたり)アピール (ヘクタールあたり)
ドリオサウルス
中央値

データ

寿命30 - 61
回復力54
攻撃力3
防御力0
医療ダーツ耐性50
鎮静剤耐性50
毒耐性80

必要な環境

心地よさの閾値10%
草原 (m2)500037%
森林 (m2)850063%
好ましい古植物針葉樹針葉樹
腐敗した木腐敗した木
有害な古植物ポーポーポーポー
コケコケ
ソテツソテツ

共生の嗜好

社会集団1 - 22
理想的な個体数0 - 25

解除条件

以下の発掘地のいずれかで化石を獲得することで解除:

発掘地化石の品質化石の数量場所期間コスト
モリソン累層3北アメリカ | アメリカ | コロラド02:00$75,000
★★10
★★★7

孵化

期間00:35 - 00:41
コスト25,000

病気

免疫ありなし
免疫なしなし

説明

ドリオサウルスは、ジュラ紀後期の鳥脚類恐竜の属のひとつである。「ドリオサウルス」という名はギリシャ語で「木」または「オーク」を意味する「ドリス」からつけられ、この名を持つ恐竜たちが住んでいたであろう場所を意味する。他に身を守るすべはないものの小型で俊敏なこの草食獣は、おそらくその逃げ足の早さで肉食恐竜の脅威から生き延びたのだと考えられる。

発見物

ドリオサウルスはその大きさと体形が似ていたことにより、もともとヒプシロフォドン科の恐竜だと考えられていた。その後の研究によってこの説は解剖学上の違いにより否定された。足の指の数や、腰や歯の形が違うからである。タンザニアのディサロトサウルスとドリオサウルスの見た目が酷似しているため、古生物学者によってはこの 2 種を同一のものだと考えていた。そのため、ジュラ紀後期にアフリカから北アメリカへ移動した陸路があったという説の証拠として使用されていた。だが地理的に見てそのような陸路は存在せず、さらに 1981 年にはピーター・マルコム・ガルトンが、この 2 種に様々な違いが存在することを発表。ジュラ紀後期の陸路が無かったことから、この 2 つの属はたまたまた似ている方向に進化したものと思われる。

古生物学

ドリオサウルスは、ケラトサウルスや多くのアロサウルスのなどの捕食恐竜と共存していた。名前にあるとおり川辺にある森林やサバンナに住んでいたと思われる。当時の植物相にはキノコ類、コケ類、そして針葉樹が含まれる。

GGPaleo.GGPaleo.GG

ゲーム


Paleo.GGは、いかなるゲームまたはゲーム会社とも提携または承認していません。第三者の商標およびコンテンツの使用は、参考のためのものです。すべての商標および著作権はそれぞれの所有者に帰属します。