アーケオルニトミムス

アーケオルニトミムス
リリース バージョン: デラックスアップグレード

分類

食習慣草食恐竜
生息地陸上
時代白亜紀後期
オルニトミモサウルス類
アーケオルニトミムス
バイオグループ小型草食恐竜

サイズ

体高 (m)2
全長 (m)3
体重 (kg)50

評価

基本アピール11
アピール (1MMあたり)157.1
アピール (ヘクタールあたり)146.1
基本アピールアピール (1MMあたり)アピール (ヘクタールあたり)
アーケオルニトミムス
中央値

データ

寿命29 - 60
回復力52
攻撃力5
防御力0
医療ダーツ耐性50
鎮静剤耐性50
毒耐性77

必要な環境

心地よさの閾値15%
草原 (m2)480075%
森林 (m2)160025%
好ましい古植物トクサトクサ
ヤシヤシ
草
有害な古植物ポーポーポーポー
コケコケ
ソテツソテツ

共生の嗜好

社会集団1 - 16
理想的な個体数0 - 21

解除条件

以下の発掘地のいずれかで化石を獲得することで解除:

発掘地化石の品質化石の数量場所期間コスト
ビッセクティ累層2アジア | ウズベキスタン | キジルクム砂漠02:00$90,000
★★6
★★★3
イレンダバス累層★★4アジア | 中国 | 内モンゴル02:00$90,000
★★★4
1

孵化

期間01:48 - 02:00
コスト70,000

病気

免疫ありなし
免疫なし鳥インフルエンザ

説明

アーケオルニトミムスはオル二ソミモサウルス類のセラポッド恐竜の中で最大級の種である。中国の発掘地で発見された。名前は《古代の鳥もどき》を意味する。雑食と見られているが、自身より大きな肉食恐竜に捕食されていた。

発見物

アーケオルニトミムスは 1923 年、モンゴルのイレンダバス累層から最初に発掘された。1920 年、既に発掘されていた化石のいくつかが、新しいアーケオルニトミムス種として再分類された。これらの化石は、メリーランド州のアルデル累層から発掘されたものである。

古生物学

イレンダバス累層は湿気の多い環境だったと思われる。

GGPaleo.GGPaleo.GG

ゲーム


Paleo.GGは、いかなるゲームまたはゲーム会社とも提携または承認していません。第三者の商標およびコンテンツの使用は、参考のためのものです。すべての商標および著作権はそれぞれの所有者に帰属します。