ストルティオミムス

ストルティオミムス
リリース バージョン: ベースゲーム

分類

食習慣草食恐竜
生息地陸上
時代白亜紀後期
オルニトミモサウルス類
ストルティオミムス
バイオグループ小型草食恐竜

サイズ

体高 (m)2
全長 (m)4
体重 (kg)150

評価

基本アピール6
アピール (1MMあたり)200.0
アピール (ヘクタールあたり)170.3
基本アピールアピール (1MMあたり)アピール (ヘクタールあたり)
ストルティオミムス
中央値

データ

寿命30 - 61
回復力54
攻撃力4
防御力0
医療ダーツ耐性50
鎮静剤耐性50
毒耐性80

必要な環境

心地よさの閾値10%
草原 (m2)250068%
森林 (m2)120032%
好ましい古植物トクサトクサ
ヤシヤシ
草
有害な古植物ポーポーポーポー
コケコケ
ソテツソテツ

共生の嗜好

社会集団1 - 20
理想的な個体数0 - 25

解除条件

以下の発掘地のいずれかで化石を獲得することで解除:

発掘地化石の品質化石の数量場所期間コスト
ダイナソーパーク累層2北アメリカ | カナダ | アルバータ02:00$60,000
★★5
★★★4
ランス累層★★★3北アメリカ | アメリカ | ワイオミング02:00$75,000
★★5
1

孵化

期間00:41 - 00:45
コスト30,000

病気

免疫ありなし
免疫なし風邪

説明

ストルティオミムスはオル二ソミミド科 (鳥に似た) 恐竜で、北アメリカ各地に生息していた。名前の意味は《ダチョウもどき》で、長く発達した後ろ脚と、2 足歩行の速さに由来している。大きな目を持つが歯はなく、前脚があり、他の属より長い爪を有していた。この恐竜は数多く、広い地域に生息していた。

発見物

ストルティオミムスの不完全な正基準標本は、1901年に発掘され、1914年により整った骨格がアルバータ州レッドディア川で発見された。他の標本は、アルバータ州南部のオールドマン累層やワイオミング州のランス累層で発見されている。

古生物学

ストルティオミムスが発見された発掘地は、動植物の驚くほどの多様性を示している。淡水動物の痕跡が確認されており、河や湖などの水域があったことを示している。

GGPaleo.GGPaleo.GG

ゲーム


Paleo.GGは、いかなるゲームまたはゲーム会社とも提携または承認していません。第三者の商標およびコンテンツの使用は、参考のためのものです。すべての商標および著作権はそれぞれの所有者に帰属します。