オウラノサウルス

リリース バージョン: クレアのサンクチュアリ

分類

食習慣草食恐竜
生息地陸上
時代白亜紀前期
イグアノドン科
オウラノサウルス
バイオグループ中型草食恐竜

サイズ

体高 (m)3
全長 (m)8
体重 (kg)2,400

評価

基本アピール25
アピール (1MMあたり)116.3
アピール (ヘクタールあたり)144.6
基本アピールアピール (1MMあたり)アピール (ヘクタールあたり)
オウラノサウルス
中央値

データ

寿命41 - 92
回復力50
攻撃力26
防御力0
医療ダーツ耐性82
鎮静剤耐性82
毒耐性100

必要な環境

心地よさの閾値30%
草原 (m2)700058%
森林 (m2)510042%
好ましい古植物針葉樹針葉樹
腐敗した木腐敗した木
有害な古植物ポーポーポーポー
コケコケ
ソテツソテツ

共生の嗜好

社会集団2 - 12
理想的な個体数1 - 20

解除条件

科学センターの研究で解除

孵化

期間02:05 - 02:20
コスト215,000

病気

免疫ありなし
免疫なし風邪

説明

オウラノサウルスは白亜紀前期の草食恐竜である。現在のアフリカに生息していた。オウラノサウルスの特徴は大きな棘突起で、背中と尻尾全体を覆っている。この棘突起は、スピノサウルスの場合と同様に、大きな帆を支えていたのだろう。そしてスピノサウルスと同じく帆の正確な用途は不明で、威嚇、体温調節、エネルギー貯蔵などの仮説が立てられている。オウラノサウルスのもう 1 つの特徴はとがった親指だ。イグアノドンの親指よりずっと小さく、防御あるいは食べるときに使っていたと考えられる。オウラノサウルスの頬には歯列が見られる。彼らの食生活を支えていた硬い植物を噛むために使われたのだろう。

発見物

オウラノサウルスの正基準標本は、ニジェールのテネレ砂漠地帯ガドファオア近くにある発掘地、エルハズ累層上部で 1965 年に発見された。ガドファオアは、現代のクロコダイルの遠縁にあたる絶滅種サルコスクス・インペラトールなどの有名な化石が発掘された地である。《ガドファオア》は現地のトゥアレグ語で《ラクダが歩くのを恐れる場所》という意味だ。オウラノサウルスは、化石を発見した古生物学者フィリップ・タケが命名した。《オウラネ》はトゥアレグ語で《オオトカゲ》を意味する。トゥアレグの人々にとって、オオトカゲは聖なる動物だ。親指のとげなどが一見類似していたため、当初はイグアノドン科と考えられていたが、現在はハドロサウルス科に分類されている。

古生物学

現在のガドファオアは熱く乾燥した砂漠であるが、オウラノサウルスが生きていた時代には、淡水の河川が流れる環境で、湿った熱帯気候だったのだろう。草が進化してくるのは白亜紀後期であるため、オウラノサウルスの餌は主に針葉樹で構成されていたと考えられる。オウラノサウルスは、セミオノタス目の魚やサルコスクスなど河川に生息する他の動物と共存していた。

他ゲームでの登場

ジュラシック・ワールド・アライブ
オウラノサウルス

オウラノサウルス

ジュラシック・ワールド・エボリューション2
オウラノサウルス

オウラノサウルス

ジュラシック・パーク オペレーション・ジェネシス
オウラノサウルス

オウラノサウルス

Paleo.GG

Paleo.GGは、©Universal City Studios LLC、Amblin Entertainment Inc、©Ludia Inc、© Frontier Developments PLC、© Behaviour Interactive Incなどのゲームの著作権所有者と提携または承認されていません。

アプリのロゴ作成者 Smashicons.