エウオプロケファルス

リリース バージョン: クレアのサンクチュアリ

分類

食習慣草食恐竜
生息地陸上
時代白亜紀後期
アンキロサウルス科
エウオプロケファルス
バイオグループ装甲草食恐竜

サイズ

体高 (m)1
全長 (m)6
体重 (kg)2,800

評価

基本アピール38
アピール (1MMあたり)133.3
アピール (ヘクタールあたり)126.7
基本アピールアピール (1MMあたり)アピール (ヘクタールあたり)
エウオプロケファルス
中央値

データ

寿命37 - 64
回復力36
攻撃力52
防御力46
医療ダーツ耐性76
鎮静剤耐性76
毒耐性100

必要な環境

心地よさの閾値60%
草原 (m2)350029%
森林 (m2)850071%
好ましい古植物ポーポーポーポー
コケコケ
トクサトクサ
有害な古植物針葉樹針葉樹
木生シダ木生シダ
イチョウイチョウ

共生の嗜好

社会集団2 - 6
理想的な個体数2 - 15

解除条件

科学センターの研究で解除

孵化

期間02:48 - 03:05
コスト285,000

病気

免疫ありカンピロバクター
免疫なしクリプトスポリジウム症

説明

エウオプロケファルスは名前通り、《固い装甲の頭》を持つ。特徴として、まぶたまでもが固い装甲に覆われていることが挙げられる。捕食者に対する防御として役に立つ。目の装甲は特にアンキロサウルス科には役に立つ。頭部が地上にあって、爪の攻撃に弱いためだ。アンキロサウルス科の他の恐竜のように、エウオプロケファルスも防御用に強力な棍棒を持つ。棍棒の衝撃力は 500~1000 ニュートンに達したと推測される。

発見物

エウオプロケファルスが最初に発見されたのは 1897 年のことで、発見者はカナダ人古生物学者のローレンス・モリス・ラムである。発掘されたエリアは現在州立恐竜公園として知られている。この標本は当初、外見上は新種と見られ正基準として使用されており、ステレオケファルス・トゥトゥス (「硬い頭」を意味する) と命名された。しかし 1910 年、その名前がすでに昆虫の学名に使われていることにラムが気づき、エウオプロケファルスと改名された。エウオプロケファルスの化石発掘現場からは、他のアンキロサウルス科恐竜も多数発見された。それらの標本に再配分されたため、結果としてエウオプロケファルスの確定標本数は縮小されることとなった。

古生物学

エウオプロケファルスは豊かな植物相の環境に生息していた。魚類や両生類の化石も産出していることから、水塊も豊富な地域であったようだ。

他ゲームでの登場

ジュラシック・ワールド・アライブ
ユーオプロケファルス

ユーオプロケファルス

ジュラシック・ワールド・エボリューション2
エウオプロケファルス

エウオプロケファルス

ジュラシック・ワールド・ゲーム
ユーオプロケファルス

ユーオプロケファルス

ジュラシック・ワールド・プライマル・オプス
エウオプロケファルス

エウオプロケファルス

Paleo.GG

Paleo.GGは、©Universal City Studios LLC、Amblin Entertainment Inc、©Ludia Inc、© Frontier Developments PLC、© Behaviour Interactive Incなどのゲームの著作権所有者と提携または承認されていません。

アプリのロゴ作成者 Smashicons.