コンプソグナトゥス

リリース バージョン: ジュラシック・パークに戻る

分類

食習慣肉食恐竜
生息地陸上
時代ジュラ紀後期
コンプソグナトゥス科
コンプソグナトゥス
バイオグループ小型肉食恐竜

サイズ

体高 (m)0
全長 (m)1
体重 (kg)2

評価

基本アピール10
アピール (1MMあたり)105.3
アピール (ヘクタールあたり)144.4
基本アピールアピール (1MMあたり)アピール (ヘクタールあたり)
コンプソグナトゥス
中央値

データ

寿命40 - 70
回復力45
攻撃力9
防御力5
医療ダーツ耐性22
鎮静剤耐性22
毒耐性40

必要な環境

心地よさの閾値5%
草原 (m2)450050%
森林 (m2)450050%

共生の嗜好

社会集団1 - 25
理想的な個体数0 - 30

解除条件

以下の発掘地のいずれかで化石を獲得することで解除:

発掘地化石の品質化石の数量場所期間コスト
カンジュール12ヨーロッパ | フランス | カンジュール02:00$75,000
25
33
ゾルンホーフェン累層34ヨーロッパ | ドイツ | ケールハイム02:00$75,000
11
25

孵化

期間00:40 - 00:45
コスト95,000

病気

免疫ありワラビ中毒
免疫なしなし

説明

コンプソグナトゥスは小型のセラポッド肉食類であり、その名はギリシャ語の kompsos (かわいい、上品な) と gnathos (顎) に由来する。この恐竜はジュラ紀後期に現在のヨーロッパに生息していた。コンプソグナトゥスの体重は 0.83 ~ 3.5 kg 程度で、素早い反射神経、スピード、機動力を活かして獲物を捕獲していたと思われ、ほかの恐竜とは異なり、化石の胃から、既知の 2 体の餌が小型の爬虫類であったことが分かっている。

発見物

ヨーロッパでは 2 体のコンプソグナトゥスの化石が見つかっている。最初の標本はほぼ完全体で、1859年にドイツで見つかった。この恐竜はコンプソグナトゥス・ロンギペスと名付けられ、非常に小型の肉食恐竜であったとされていた。1971 年に、より大型の化石がフランスで見つかり、この標本によってドイツの個体は幼生であったことが分かった。

古生物学

コンプソグナトゥスが見つかった地域は、当時熱帯の沿岸環境であったと考えられている。この説は甲殻類のような海洋生物の化石からも裏付けられている。コンプソグナトゥスは主に陸生の脊椎動物を捕食していたようだ。

他ゲームでの登場

ジュラシック・ワールド・アライブ
コンプソグナトゥス

コンプソグナトゥス

ジュラシック・ワールド・アライブ
コンプソグナトゥス(第二世代)

コンプソグナトゥス(第二世代)

ジュラシック・ワールド・エボリューション2
コンプソグナトゥス

コンプソグナトゥス

Paleo.GG

Paleo.GGは、©Universal City Studios LLC、Amblin Entertainment Inc、©Ludia Inc、© Frontier Developments PLC、© Behaviour Interactive Incなどのゲームの著作権所有者と提携または承認されていません。

アプリのロゴ作成者 Smashicons.