カマラサウルス

リリース バージョン: ベースゲーム

分類

食習慣草食恐竜
生息地陸上
時代ジュラ紀後期
マクロナリア
カマラサウルス
バイオグループ巨大草食恐竜

サイズ

体高 (m)4
全長 (m)18
体重 (kg)51,000

評価

基本アピール85
アピール (1MMあたり)125.4
アピール (ヘクタールあたり)96.8
基本アピールアピール (1MMあたり)アピール (ヘクタールあたり)
カマラサウルス
中央値

データ

寿命75 - 121
回復力53
攻撃力38
防御力0
医療ダーツ耐性218
鎮静剤耐性218
毒耐性250

必要な環境

心地よさの閾値45%
草原 (m2)1470037%
森林 (m2)2480063%
好ましい古植物針葉樹針葉樹
木生シダ木生シダ
イチョウイチョウ
有害な古植物ポーポーポーポー
コケコケ
トクサトクサ

共生の嗜好

社会集団2 - 7
理想的な個体数0 - 23

解除条件

以下の発掘地のいずれかで化石を獲得することで解除:

発掘地化石の品質化石の数量場所期間コスト
モリソン累層12北アメリカ | アメリカ | コロラド02:00$75,000
25
ダイナソー国定公園33北アメリカ | アメリカ | ユインタ山地02:00$75,000
クリーブランド・ロイド発掘地25北アメリカ | アメリカ | ユタ02:00$90,000
34
11

孵化

期間07:41 - 08:32
コスト678,000

病気

免疫あり風邪
免疫なしワラビ中毒

説明

カマラサウルスは北アメリカに生息していた大型竜脚類である。集団で生活していたと見られ、他の竜脚類と比べて首と尻尾は短いが、比較的大きな頭部を持つ。名前は《空洞を持つトカゲ》を意味する。竜脚類の化石として最も多く見つかっている種の 1 つである。のみの型をした歯を持ち、硬い植物を食べるのに適していたと思われる。

発見物

カマラサウルスは 1877 年の化石戦争で初めて発掘された。これまでの化石の殆どは、モリソン累層で発見されている。カマラサウルスの完全な骨格は 1925 年に発見されたが、幼体の標本だったため、現在分かっているより小さな種だという誤ったイメージを多くの者が抱いた。完全な骨格はコロラド州、ニューメキシコ州、ユタ州、ワイオミング州で発見されている。

古生物学

モリソン累層では様々な種の恐竜の化石が発見される。この地域は半乾燥地域であった。モリソン盆地に行くと水場が増え、沼や湖、川などが多くなる。

他ゲームでの登場

ジュラシック・ワールド・エボリューション2
カマラサウルス

カマラサウルス

ジュラシック・パーク オペレーション・ジェネシス
カマラサウルス

カマラサウルス

Paleo.GG

Paleo.GGは、©Universal City Studios LLC、Amblin Entertainment Inc、©Ludia Inc、© Frontier Developments PLC、© Behaviour Interactive Incなどのゲームの著作権所有者と提携または承認されていません。

アプリのロゴ作成者 Smashicons.