アルバートサウルス

アルバートサウルス
リリース バージョン: クレアのサンクチュアリ

分類

食習慣肉食恐竜
生息地陸上
時代白亜紀後期
ティラノサウルス科
アルバートサウルス
バイオグループ大型肉食恐竜

サイズ

体高 (m)4
全長 (m)10
体重 (kg)1,700

評価

基本アピール132
アピール (1MMあたり)92.6
アピール (ヘクタールあたり)78.6
基本アピールアピール (1MMあたり)アピール (ヘクタールあたり)
アルバートサウルス
中央値

データ

寿命50 - 66
回復力36
攻撃力95
防御力40
医療ダーツ耐性158
鎮静剤耐性158
毒耐性150

必要な環境

心地よさの閾値85%
草原 (m2)1600063%
森林 (m2)920037%

共生の嗜好

社会集団1 - 2
理想的な個体数0 - 18

解除条件

科学センターの研究で解除

孵化

期間06:00 - 06:40
コスト1,425,000

病気

免疫ありワラビ中毒
免疫なしカンピロバクター

説明

アルバートサウルスは白亜紀後期の北アメリカに生息していた、比較的小型のティラノサウルス科恐竜である。他のティラノサウルス科と同様に、アルバートサウルスは巨大な頭と無数の大きな歯を持ち、適応を繰り返して獲物にぶつかったときの衝撃に耐えうる頭蓋骨を手に入れてきた。ティラノサウルス科の恐竜は通常、死骸に深く噛みついてから後ろへ引っ張る。この動きには、鋸状歯が必要不可欠なツールとなる。鋸状歯はひびが入ったようになると、膨大部と呼ばれる丸い空間を作り出す。これらの空間があることで、歯の上で力が広い範囲に広がり、ひびが大きくなるリスクを回避するのだ。鋸状歯に加えて、アルバートサウルスは結合鼻骨のついた頑丈な頭蓋骨と、獲物を引き裂くときのひねる動作に耐えうる脚を持つ。アルバートサウルスは、2 歳くらいになるまでの死亡率の高さが化石から実証されている。2 歳の時点で周辺環境における最大の肉食恐竜となり、捕食される心配がなくなるのだ。ピーク時には年間 112kg 成長していた。他のティラノサウルス科と同様に、大きな嗅葉と外耳道があるため嗅覚と聴覚が鋭い。

発見物

初めて知られたアルバートサウルスの化石は頭蓋骨の一部で、 1884 年 6 月にアルバータ州レッドディア川で、カナダの地質調査所によって発見された。2 番目の頭蓋骨が発見されたのは 1889 年のことだった。当時のチームは発掘に適した道具を用意していなかったため、修復作業中に頭蓋骨を損傷してしまった。1892 年、2 つの頭蓋骨は現在ドリプトサウルスとして知られる標本に、誤って当てはめられた。その後ドリプトサウルスとはあまりに違い過ぎると認められ、1904 年に新しくアルバートサウルスと命名された。1910 年 8 月、アメリカ人古生物学者のバーナム・ブラウンによって、近隣の別の採石場でアルバートサウルスの大きなグループが部分的にに発掘された。証拠写真から骨層の位置を再度特定した後、古生物学者フィル・キュリーが 1997 年に発掘を再開した。個体数は、発見された固有の骨格要素の数から計算が可能である。この方法を採用すると、その骨層にはアルバートサウルスの個体 12 頭分の標本があったと推測される。一方、 1 個体で複数回出てきた骨格要素の中で、大きさが違うものを別にして数えると、標本の数は 26 頭分にまで増える可能性がある。多くの個体が発見された事実は、群れ行動の証拠になるかもしれない。あるいは、干ばつや洪水で 1 箇所に集められたとも考えられる。

古生物学

この乾燥した島の骨層から発見される動物相の大半は恐竜で、主にハドロサウルス科、ケラトプス科、オルニトミムス科である。これらの恐竜たちをさまざまな肉食恐竜が捕食していた。中でもアルバートサウルスは捕食者の頂点にいたのだろう。化石の特徴から、アルバートサウルスの生息地は亜熱帯で、植物が豊富だったと推測される。

GGPaleo.GGPaleo.GG

ゲーム


Paleo.GGは、いかなるゲームまたはゲーム会社とも提携または承認していません。第三者の商標およびコンテンツの使用は、参考のためのものです。すべての商標および著作権はそれぞれの所有者に帰属します。